喪服についてのマナーを知る
2022年1月21日

自然葬に関しての考察

人は生をこの世に受けた以上は、いつか死を迎えることになっています。ある宗教では、人は死を迎えるために生があり、死を迎えるための準備を生きている間にしているとも説いています。死を迎かえ、極楽浄土か地獄に落ちるかは生きている間の日頃の行いで決まると仏教では唱えられています。葬儀や埋葬に関しても生きている間に人に施し、人に尽くした人は多くの人に惜しまれつつ、丁重にあの世に送り出してもらうことができます。

現代でも葬儀を見ればその人の生きてきた姿や、生きていた間にどれだけ人に施したかをうかがい知ることができます。人に施しや尽くしてきた人には、多くの人が葬儀に参列し別れを惜しんでもらえます。また家族などにも優しく、惜しまれる人であれば自分の希望する埋葬方法で弔ってもらうこともできます。日本の埋葬法と言うと火葬が一般的で、骨を墓碑に納骨するのが一般的です。

火葬は日本政府が衛生面に配慮して定めた埋葬方法です。しかし人によっては昔ながらの自然葬に拘る人もいます。昔はそのままご遺体を風葬や土葬、水葬などといった自然葬で弔い自然に還してあげるのが一般的でした。このように死後には自分も自然に還りたいと強く希望する人が現代でも増えつつあります。

しかし日本では火葬が義務付けられており、水葬や土葬、風葬といった自然葬は認められておらず、火葬後に骨を海や空、山などに散骨し自然に還して欲しいと希望する人が増えています。こうした自然界に散骨することによって自然葬に近い形をとることができ、またお墓を建立する必要がないことから年々散骨が多くの人に人気となっています。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です