喪服についてのマナーを知る
2022年1月9日

自然葬を執り行う際は経験豊富な業者に依頼すると便利

人が亡くなると、別れを惜しむ暇もないままに早急に葬儀の準備に着手しなければなりません。その手法やしきたりは故人の宗教や宗派、または思想によって実に多彩に存在し、出来るだけ生前の意向に沿ったものにしてあげることが大切です。そんな中で昨今、注目を集めている手法が自然葬です。自然葬とは、そもそも人間という存在は自然によって生まれ、自然へと還っていくという概念を基本としたもので、故人が亡くなった亡骸を荼毘に付した後に、その遺骨を自然の中に散骨、あるいは散灰することによって弔おうとする儀式のこと。

特定の墓地に囚われることなく自然へと還すことで物質に囚われずに故人を偲ぶことが可能となります。ただし自然葬を執り行うには注意も必要です。というのも、自然だからといってどんなところに遺骨を撒いてもいいわけではなく、誰かの敷地内であればその所有者の許可が必要ですし、海や川や山の中などであったとしてもそこが公共的に許されるのかどうかを確認する必要があります。たとえば漁業の盛んな沖合で撒くと漁に支障をきたす恐れもありますし、川でも下流域の人たちに不快感を与える可能性もあります。

そういった数々の点に配慮する上でも、自然葬を望むのであればそれなりのノウハウと経験、散骨場所のアドバイスや手配について詳しい業者を選ぶことが欠かせません。こういった事情に詳しい業者であれば、多くの人が自然葬に利用している海や川、山などを紹介してくれると同時に、こういった儀式に敷地内を提供してくれる土地所有者などとのネットワークも強固なもの。きっと故人も遺族も穏やかな気持ちに包まれるような儀式を営んでくれることでしょう。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です