喪服についてのマナーを知る
2022年1月3日

自然葬のやり方について

親族が亡くなった時には、墓を購入しその墓に入れなければならないと思っている方がいらっしゃるかもしれませんが、そうとも限らず自然に返す方法によることもできます。そのような方法をとるかどうかはおいておいて、まずは方法を知っておくだけでも選択肢を広げることになりますので、知っておいて損はないです。 人が死んだときは病院へ行き、死亡診断書をもらって葬儀社へ連絡し、通夜と本葬と進んでいきますが、自然葬の場合には病院からすぐに火葬場へ行くこととなります。そのため葬儀社には事前に連絡しておいて、病院へ来てもらうということになります。

 そして火葬した後には、骨をもらい自然葬を行うことになりますが、この時に注意することは散骨する場所の所有者の許可をもらっていることと、散骨する骨は十分に細かくなっていることです。この時の骨の大きさは2ミリ程度となっていますので、その大きさになるまで骨を金づちなどでたたいて、細かくしていくことになります。 そうしてあとは細かくして散骨すればいいのですが、その時に生じるトラブルとしては、近隣住民とのトラブルで、土地の所有者は許可してくれていても近隣の住民が不満を伝えてくるかもしれませんので、その時にはどうするかを所有者と考える必要があります。 どうしても近隣住民の合意が難しそうだというときには、こっそりやってしまうというのも一つの手です。

土地の所有者の許可を取っている以上、こっそりやったとしても、何の犯罪にもなりませんので、ひっそりと自然葬を行いましょう。喪服のことならこちら

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です