喪服についてのマナーを知る
2021年12月6日

最近の葬儀の形について

家族や大切な人とのお別れの儀式である葬儀ですが、昔は自宅に安置し、ご近所の人や親族にも来てもらって皆でお別れしていました。しかし、最近は葬儀のスタイルがさまざまに変化してきています。まず、自宅安置というのがどんどんと難しくなってきています。都会の住宅密集地では運び込むことが難しいですし、マンションなどの集合住宅に住んでいる場合には遺体を横向きのまま入れられるサイズのエレベーターもありません。

そのため葬儀のための施設に行ってそこでお別れするのが一般的になっているのです。参列者を呼ぼうにも、ご近所や親戚との付き合いというのも希薄になってきており、家族だけで行なう家族葬という形をとるケースも増えているのです。参列者対応をしなくてもよいので最期のときをゆっくりと故人と過ごすことができますし、小さな会場でできる分、お値段も安くて済みます。更に、御通夜や告別式といった宗教的な儀式も不要だと考える人も現れ、都会を中心に直葬というスタイルも現れてきています。

家族とのお別れの後、火葬するだけの形です。どこかのお寺の檀家という意識が薄れていること・宗教に興味がなくなっていることなどが原因となります。費用は家族葬以上に安く、経済的な理由から直葬を選ぶ方も多いです。いずれにせよ、故人と遺族が望む形で行うのがよいのです。

ただ、親族や知人などがいる場合、一般的な葬儀をしないのであれば、彼らの了解も得る必要はあります。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です