喪服についてのマナーを知る
2021年11月24日

葬儀の料金は後払いでも大丈夫

突然の不幸で、何も用意できていなかった場合、葬儀の費用を工面するのも一苦労です。家族葬、密葬、1日葬などの費用が抑えられるプランであったとしても、一気に払えないというケースは決して珍しいことではありません。また、土日に重なった場合、ATMで大量のお金を引き出すことが難しく、まとまったお金を用意できないということもよくあることです。そうした時に料金の後払いは遺族の方にとってはとても便利です。

葬儀社の中には後払いを嫌がり、決まった額を前金として払ってほしいところがあります。後払いにしてしまうと、万が一逃げられた場合に丸々損をしてしまうので先に払ってほしいということですが、そういったケースはそんなにあるものではないですし、何回かそういう目に遭っているからこそそうしているのではないかという疑念が出てきます。なので、後払いではなく、前金を求めるところは注意が必要ですし、葬儀料金を切り詰めることができない可能性が高いといえます。良心的なところでは後払いであったり、カード払い、ローン対応などもしてくれます。

ローン対応なら何回かに分けて支払うことができますし、それまでに工面することができます。お金はあっても土日に重なったとしても数日待ってくれる葬儀会社もありますので、そういったところを利用するようにしましょう。良心的な葬儀社は、不幸があって大変なご遺族の気持ちに寄りそうことができるので、支払いに関しても寛大です。支払いの種類によって見分けることができます。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です