喪服についてのマナーを知る
2021年10月18日

葬儀に関係する手続きとは

肉親が亡くなった場合には、寺院や葬式会社、また、親族や近しい知人などへの連絡など、準備を進めることになりますが、遺族が行わなければならない事には、他にも様々な内容があり、忘れないで行なう必要があります。まず、葬儀前の必要なものとしては、死亡届、死体の火葬埋葬許可申請、年金受給停止の手続き、介護保険資格喪失届、住民票の抹消届、世帯主の変更届、遺言書の検認等があり、該当する項目がある場合には速やかに行なう必要があります。特に死亡届では、死亡を知った日から7日以内に該当する市区町村の戸籍・住民登録窓口に提出をすることが定められており、他にも期限内の提出が義務づけられている項目があるために、十分な注意が必要になります。葬儀後においても、手続き等が必要となる項目は数多くあり、それは、雇用保険受給資格者証明証の返還、相続関係、所得税準確定申告や納税、生命保険の請求等が該当になります。

この中でも、特に相続関係には注意をする必要があり、例えば、故人が負の遺産を残していた場合には、相続放棄をしない場合、自動的に相続をしたことになってしまいます。そのために相続内容に関しては早めの把握と対策が重要になり、正の遺産のみ相続をするよることが大切です。そして、この場合には期限が3カ月以内に行なうことが定められていることも認識をしておく必要があります。葬儀後においては、他にも補助金や給付金、また、高額医療費の払い戻しなどが生じてくることもあり、該当をする場合には、請求可能期限をよく理解した上でできるだけ早めに対処を行っていくことが大切になります。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です