喪服についてのマナーを知る
2021年10月6日

費用が安いから家族葬ではすまされない

現代の葬儀は費用が安くて済む家族葬が主流になっています。この葬儀は気心が知れた親族や家族だけで葬儀を執り行え時間に縛られることもなくゆったりとした時間の中で行うことができ、大変に人気の葬儀方法になっています。各葬儀社は家族葬に対する様々なプランを掲げてこの葬儀方法を販売しています。この葬儀方法は費用が安く手短にできることから大きく広まった葬儀方法ですが注意をして執り行わなければなりません。

それはこの葬儀に参列する人が家族と親族に限定されていることから故人の友人や親しかった知人に連絡をしなくても執り行うことができる点にあります。これらの友人知人がなくなったことを知った時に、葬儀で一目だけでもあってお別れをしたかったとか、なぜ連絡をしてくれなかったのかと問題が出てくることがあります。このような人たちにも送り出した人たちは心使いをしなければなりません。葬儀を行った後になくなった旨の手紙や連絡を入れるとか、葬儀とはまた別の日にこれらの友人知人を招いてお別れの会を催すこともこれらの問題の解決になります。

安易に費用が安いからと言って家族葬を選択するとこれらの困った問題点が出てくることがあります。これらの問題を解決するために家族葬といえども本当に親しかった友人知人には連絡を入れて、一緒に故人を見送ってあげるのがマナーです。後々問題が起こらないためにも親しかった人だけには参列をお願いして家族葬を行ってください。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です