喪服についてのマナーを知る
2021年10月3日

家族葬は葬儀費用が抑えられる

今までは葬儀と行うときには、遺族や親族だけでなく、ご近所さんにも参列してもらうのが一般的でした。しかし社会環境も変化し、ご近所であっても挨拶する程度の付き合いしかないところが増えました。そうなると、大して知り合いでもない人を葬儀に参列してもらうのも申し訳ないという思いや、葬儀という故人と最後に向き合うことができる時間は親しい人だけで過ごしたいという思いが強くなり、家族葬を選ぶ人がかなり増えています。家族葬は一般的な葬儀と同じように、通夜式をしてその次の日に葬式と火葬を行うので、喪主にとっても今までと変わらない形式で戸惑うことがありません。

また、家族葬は葬儀費用を抑えられるというメリットもあります。一般の参列者がいる場合は、大きな会場を用意する必要がありましたが、遺族や親族、友人だけでしたらそれほど多くの参列者がいませんから小さい会場で葬儀を行うことができます。会場の大きさによって費用は異なってきますから、小さい会場の方が利用料も安くなります。また、一般の参列者がいないのであれば、香典返しを沢山用意する必要もありません。

家族葬であれば参列者の数があらかじめ予想できるので、香典返しの数も必要分を用意すればいいので無駄がありません。香典返しと同じように、料理や飲み物などの用意も少なくて済みますから費用を抑えることができます。葬儀は形式を大事にするよりも故人と最後の別れをし、心を整理する時間でもありますから、遺族側が納得する葬儀方法を選ぶことをおすすめします。喪服のことならこちら

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です