喪服についてのマナーを知る
2021年9月18日

葬儀で迷ったら、まず専門家に相談することが大切です

かつては葬儀といえば、お通夜、告別式を行い、友人や知人など、多くの人に参列してもらうような形式が一般的でした。けれども最近では式も多様化しており、必ずしもそうした形式にとらわれず、シンプルな式を選ばれるご遺族も増えてきています。最近では、事前に自分の希望に合った葬儀を準備した上で亡くなる方もいらっしゃいますが、できるだけ故人の遺志に沿った形での葬儀が好ましいことは言うまでもありません。もしどんな形式で故人を送るか、親族間で意見がまとまらず、悩んだ時には、専門家に相談することをお勧めします。

形式的なことから費用のことまで、さまざまなパターンがあり、専門家ならご遺族のお気持ちに沿った形で、故人をお見送りするための提案をしてもらうことができます。たとえば高齢で亡くなったため、すでに参列する親族や知人などがほとんどいない場合には、身内だけの家族葬を選ばれる方も増えています。こうした形式で葬儀を行えば、費用的な面でもスリム化することができ、金銭的な出費を抑えることも可能です。必ずしも形式的なお見送りを行うことを選択する必要はなく、多くの人に参列してもらっての通夜や告別式などを行わないという選択をするご遺族も増えてきています。

特に最近は、さまざまな形式をご遺族の事情により選ぶケースが増える傾向が見られます。古来からの形式に則ったものではなく、故人や親族の気持ちに寄り添った形で送りたい場合には、専門家に相談した上で葬儀を執り行うとよいでしょう。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です