喪服についてのマナーを知る
2021年9月12日

葬儀の相談に関する考察

誰でもいつか天に召される時が必ずやってきます。この世での最期をどのように迎えるかは誰もが考えるところでしょう。とくに定年退職を迎え60歳を超えたころには自分の最期について真剣に考えておく必要があります。どういった葬儀にするか、どんな遺影写真にするか、どんな花を祭壇に飾ってもらうか、棺はどんなデザインのもがいいかなど決めておくことが大事です。

また招く人は誰で人数はどれくらいかなどもリストアップしておくことが大事です。こうしたことをないがしろにすると、遺族が大変困惑し翻弄されることになります。ある程度の葬儀プランを検討しておき、葬式の費用についても把握しておくことは残される家族への愛情であると言えるでしょう。こうした何を検討しておけばよいかと言うことはなかなか素人ではわからないことです。

こうした場合に葬儀社の生前相談に乗ってもらうと良いと言えます。生前相談は多くの業者で無料で行っています。遺族に費用面で迷惑をかけたくない場合は、事前に業者に費用を払っておくこともできます。またできるだけ遺族に負担をかけたくなかったり、自分で費用が捻出できな場合は家族葬や直葬で執り行いたい旨をきちんと遺言に残しておくことも大事です。

家族葬であれば一般葬よりも三割程度安く執り行うことができ、直葬に限っては15万円もあれば十分執り行うことができます。また遺族に全く迷惑をかけたくないと思うならばホテルや宴会場を借りて生前葬を行うと良いでしょう。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です